樹木葬というお墓の形

婦人

子供がいない人でも安心

最近、神奈川県内には新しい形のお墓が霊園に登場しています。これまで、霊園にあるお墓は、お寺の檀家となったり、永代供養料を納付して利用するのが一般的でした。しかし、神奈川に幾つかある樹木葬ができる墓地は、一人当たりの費用を支払うだけで利用できます。このような形のお墓が人気を高めている背景には、少子化、核家族化が大きく影響しています。独身世帯が増え、夫婦世帯でも子供がない人が増えています。そのような人たちにとって、樹木葬墓地は理想のお墓と言えます。神奈川内の寺院や霊園の多くが、この形のお墓を作ることに積極的になりつつあります。これまで、お墓は不要と考える人の多くが散骨を希望していました。しかし、散骨は原則的に海上で行われるため、ボート代などの費用が嵩むことが問題となっていました。その点、樹木葬の形のお墓は、墓地利用料以外の費用は掛かりません。自身の亡骸が土に替えるという点でも、多くの人に評価されています。また、遺族側の気持ちとしても、墓標がしっかりしている樹木葬のお墓は評判を高めています。散骨と違って、故人に対して霊園でお参りができるという形式が気に入られているようです。樹木葬のお墓の評判が高まると共に、利用希望者も増えています。現在、神奈川県以外でも、同じような取り組みが広がっており、お墓が不要という人たちの選択肢が広がってきました。樹木葬墓地には、それぞれの特色があるので、予め比較を行うことが賢明と言えます。